毛根まで到達しなければ意味のない脱毛サロン

脱毛サロンの種類はフラッシュやレーザーなど数多くあるが
共通して言えることがあります。

結局フラッシュで特殊な光をあてる方法にしても、レーザーで
ひと針ひと針毛穴に刺してレーザーを照射させる方法にしても
毛根まで到達させないと意味がないということです。

では、どのようにして到達させるのかというと、健康な毛に
照射させればいいのです。
毛には生え変わりの周期があるため、生え始めの時期や抜けかけの時期に
照射しても到達しないのですが、健康な毛であればしっかり根元まで
到達し、効果が現れるのです。

ところが、健康な毛を選んで照射するという技術がありません。
見た目にはどれが健康な毛でどれが抜けかけの毛なのかは
判断できないため、全体に施術しなければなりません。
そのため、何度も脱毛サロンに通わなくてはならない場合も
でてくるというわけです。

脱毛サロンの方法、さまざまな種類

脱毛サロンには、さまざまな種類があります。
それぞれ効果が違うので、自分にあった方法を選ぶのが良いでしょう。

ニードル式では、毛穴にニードルとよばれる針を刺し、電気を流します。
これにより、毛根を処理できるのです。
強い痛みをともない、料金も高いですが、効果は抜群であると評判が高いです。

レーザー式では、レーザー光を肌に当てて、毛や毛根を処理します。
こちらも料金は高めですが、医療機関で受けられる施術方法なので、安心感がある方法です。

フラッシュ式では、フラッシュ光を肌に当てて、毛や毛根を処理します。
こちらはニードル式とレーザー式に比べると、料金が安いことが何よりの魅力です。
また、痛みも軽めですから人気であり、脱毛サロンの主流となりつつあるようです。